40133 normal 1456613709 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 02 27 15.59.18

【Miraie】世界に1つだけの葉っぱスカーフワークショップ 4/24(日)14:00

2016-04-24(日)14:00 - 16:00

Miraie

東京都品川区西品川3丁目

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

親子2名(材料費2枚込み)
16,000円 会場払い
親子2名(材料費1枚込み)
8,000円 会場払い
親子3名(材料費1枚込み)
10,000円 会場払い
親子3名(材料費2枚込み)
18,000円 会場払い
親子3名(材料費3枚込み)
26,000円 会場払い
親子4名(材料費1枚込み)
11,000円 会場払い
親子4名(材料費2枚込み)
19,000円 会場払い
親子4名(材料費3枚込み)
27,000円 会場払い
親子4名(材料費4枚込み)
35,000円 会場払い
大人1人(材料費込み)
8,000円 会場払い
オプションで花びらは1つ1500円

�※スカーフの写真・解説はこちらも参照ください
http://miraie.hatenablog.com/entry/2016/02/11/142800
�※締め切りは素材製作・メキシコからの郵送の都合上3/14までに締め切ります。

■様々な創作活動に繋がるきっかけをつくる
作品の特徴、素材、用途、ストーリー、作り方、巻き方などを紹介しながら製作過程に感じた喜び、関係性の構築、クリエイティブ教育について説明します。

素材はメキシコで活躍しショップで販売もされている日本人アーティストのakikoさんが白や黒の葉っぱのかたちのスカーフを用意してくれます。

■作品の特徴
既製品ではなく、発想とクリエイティブを働かせ、世界で1つだけのオリジナルのスカーフを作ります。

そこに色とりどり、好きに絵や色を塗っていきます。

■作品のストーリー
葉っぱのように可愛くておしゃれに巻き、葉っぱに包まれる暖かい思いを伝える作品。年齢層が幅広く使える作品なので、親子揃い、家族全員揃い、恋人揃いができる作品です、それに使う側の気持ちと手作りの想いを込めて、世の中で唯一つの作品ができるのがさらに素敵です。

■型と素材
コットンとウールの素材をモチーフにした葉っぱスカーフ。色は無印の白葉っぱ首周り(女性大人用)、白葉っぱショールまで大きい葉っぱ (女性用)、黒葉っぱ(男性大人用)、葉っぱショール(子供用)の四つです。

■作り方
クレヨンでお絵描をして、色を染めます。製作中に染め方を教えるので、安心です!四歳の娘でも素晴らしい作品が作れました。本当に驚くほど簡単ですが可愛くておしゃれな作品ができます。

■巻き方
葉っぱのように首周りに着け、花をつけると更に可愛いです。男性用に黒の素材からも作れます。

■用途
自分の気持ちを伝える贈り物、親子、家族でお揃い、オールシーズン使えるArt作品です。

■関係性の構築と愛情表現を育む
母の日、ママにいつも包まれた愛情表現、父は家族を守る表現、恋人の愛し合う表現など製作過程と作品に通じて思い出しながら表現するので、人と人の関係性の構築の繋がりが良くなります。わかりやすく説明すると抽象的な愛情を葉っぱという物から子供に説明、愛を言葉にし辛い日本男子を誘導し、作品に通じて表現してもらいます。私は母の日に娘と旦那に普段に与えた愛情、家族から感謝してもらった愛情に包まれたくて今年は娘と旦那にショールまで大きい葉っぱ描いてもらい、娘とお揃いスカーフをすることにしました。

今回のワークショップは参加者が様々なテーマ母の日、父の日、誕生日、告白などに当てはまると思います。自分用として使うのも良いです。幅広い年齢層で参加可能です。特に作品製作過程に感じた、考えさせたことを何よりも価値があります。私は今年に母の日に娘と旦那から作くってもらうスカーフ本当に心から嬉しくて、楽しみにしています。

皆様、ぜひ一緒にこのワークショップをみんなで世界に一つだけの自家製葉っぱスカーフ作品を作りましょう!

メキシコから製作してもらうために事前に作りたい物を選んでいただきます。花は(別料金)が欲しい方も選んでください。 開催日前に間に合いたいからこの企画は二週間で締め切り、させていただきます。作りたいが開催日に来れない方がお互いに都合いい日に製作日時を決めることが可能です。出張も可能です。ただし、皆と同じに事前購入が必要になります。

コミュニティについて
Miraie

Miraie

シェア時代の家族とゲストの一軒家。シェアハウス、airbnb(ゲストハウス)、家族を1つにした一軒家を運営。家開きしたリビングでワークショップや各種イベントも随時開催しています。

コミュニティに参加