Doorkeeper

歩いて踊って、音を出す「タップダンスワークショップ」〜タップシューズを履いて音を出そう!〜

2015-11-23(月)15:00 - 17:00

Miraie

東京都品川区西品川3丁目

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

親子①(大人1名、子供1名)
5,000円 会場払い
大人1名
4,000円 会場払い
親子②(大人1名、子供2名)
6,000円 会場払い
親子③(大人2名、子供1名)
7,000円 会場払い
親子④(大人2名、子供2名)
8,000円 会場払い
軽食、タップ用シューズレンタル付き

6人の参加者

すべて見る
5人のアカウント非公開の参加者

詳細

多くの親が子供にdanceや音楽は、何をさせたらいいか悩んでいます。楽器を買うのも安くはない、続けてくれるかわからない悩みもあります。私も悩んでいました。Miraieに集まる様々な素敵なアーティストたちはみんなその質問について同じアドバイスをくれました。

⚫️分野を決め過ぎるのはよくある親が間違うパターン
⚫️技術より自然な遊び方から音や動きの感性を磨く方が良い
⚫️日常な的に使う物を選び、日常生活の中で楽しむ

私たちもそのアドバイスを受けてから1年、娘にその環境を与えながら時には5、6人しか入れない空間でアーティストたちの生演奏と演劇などを見せたりします。結果は正解で、ありがたいアドバイスをいただきました!

娘も自分もこの一年間で凄く感性が豊かになりました。親子は普段から自由で楽しく家で音を遊びながらダンスをします。決まったステップはなく、ナチュラルで楽しいです。

Miraieとアーティストたちがこのような環境と考えをこの地域に伝えるために、今回はタップダンサーのレオナにきてもらいます。しかもレオナとともに、コントラバスの演奏家、瀬尾高志さんも共演いただくことが決定し、参加者のみなさんにレオナしか伝えられない、体験させられないタップダンスイベントを開催します。

レオナ、私自身が楽器です

実は私も始めてレオナのタップを見たときに言葉が出ず、全身で惹かれました。とても素直に自分のことを表現しながら周りの音楽家と共演しています。それから彼女自身が楽器なのです。タップだけでなく、からだ全身で、身近な物も使って出した音で音楽家と演奏します。たくさんの音楽家がレオナと演奏をしたいと言います。彼女がいるから音楽が成り立つとも言います。レオナのタップがあるから演奏する音楽家たちが他にはない音楽を奏でることができ、観客もそれを楽しむことができるのです。

組み合わせと様々な可能性に

音楽との組み合わせだけではなく、演劇、絵かきなどレオナのタップは様々なものと組み合わせることができます。それはもう驚かされ、言葉にならない、素敵な世界と時間です。娘も言葉がなく、凄い目で彼女の演劇舞台を見ていました(子供は誰よりも素直な反応)

最初にみんながよく悩んでいることについて、レオナのタップなら、凄く良い音楽とダンスを始められます。

⚫️自分自身が楽器になるので、楽器を買う必要がありません
⚫️様々なこと組み合わせることができ、自由度と可能性が広がります
⚫️独自の感性、ジャンルの垣根がなく、地域や年齢と関係なく、みんなが参加できます

大人になって私みたいに特にダンスも音楽も小さい頃に学んでこなかった方にも凄く良い始まりと楽器兼ダンスです。

■タップダンスワークショップの内容
今回のレオナのワークショップは誰でも簡単にできます。

【歩いて踊って、音を出す「タップダンス」】

日常と境目のない、とっても身近なものでみんなと踊ります。「タップダンス」を材料に、自分の足や身体から音を出して、さらに、独自の感性と探求心でミュージシャンとのセッションも体験してもらえます。特に子供ができてからライブや音楽を聴きにいけない親たちにとっても素敵な音楽会になると思います。

Miraieという空間で素敵な音楽を聴く、美味しいおつまみを食べて、みんなでダンスと演奏を楽しみましょう!

■レオナ(タップダンサー)のプロフィール

平成元年、東京下町生まれ。幼少の頃よりタップをはじめ、10代よりソロ活動開始。 高校卒業とともに、NYへ修行に出る。 CHICAGO、L.A、東京にて行われた”Cutting Contest”で、出場した全戦で優勝。

2011年、「タップがあって成り立つ音楽」をテーマに 「レオナトリオ [田ノ岡三郎(acc)/田嶋真佐雄(b)] 」を結成。 この頃から作曲を始める。これまで、Downtown Dance Fes(NY)、L.A Tap Fes、横濱ジャズプロムナード(板橋文夫FIT!、同オーケストラSPゲスト)等、出演。日本各地でのライブやWSは元より、NY・Canadaでライブ、印度・香港・台湾でWSを行なっている。

<主な出演実績>
・ONWARD”組曲”2014SSコンセプトムービー「組曲が、咲く」出演。(高木正勝×レオナ)
・ニューバランス CW620 「MOTION EMOTION」ムービー出演。(森本千絵×黒田征太郎×中村達也×レオナ)
http://reona-tap.jimdo.com/

■瀬尾高志(コントラバス)のプロフィール

1979年札幌生まれ。コントラバスを藤澤光雄氏に師事。
2001年、キューバ、アメリカ各地を旅しながらセッション・ライブを重ねる。2006年、横浜ジャズプロムナードコンペティションに『石田幹雄トリオ』で出演し、グランプリと横浜市民賞を受賞。
板橋文夫(pf)と竹村一哲(ds)とのトリオ『FIT!』、原田依幸(pf)近藤直司(bs)小山彰太(ds)との『魚群探知機』、トリスタンホンジンガー(cello)のグループ『House of Wasps』や、酒井俊、カルメンマキ、寺田町らシンガーとの共演、コントラバス独奏、工藤丈輝、ジャン・ローレン・サスポータス、レオナなどダンサーとの共演も多い。また、札幌にてコントラバス集団『漢達の低弦』を主宰。
ばんけいジャズフェス、横浜ジャズプロムナード、シンガポールWOMAD,RISING SUN ROCK FESTIVAL、PERCPAN(リオデジャネイロ、サルバドール)ASIAN IMPROVISATION ART EXCHANGE2010(ソウル)、ISB Convention 2013(Rochester.NY)など国内外のフェスティバルに多数参加。2015年8月トリスタンホンジンガー『House Of Wasps』でベルリン、オランダ、ベルギー、ロンドンツアー。
独自の感性と探求心で、ジャンルの垣根なく演奏活動している。
http://plaza.rakuten.co.jp/anabiosisofjazz/

タップダンスのワークショップあり、コントラバスとタップのライブあり、そして後半はいつもの軽食やドリンクも出して懇親します。

コミュニティについて

Miraie

Miraie

シェア時代の家族とゲストの一軒家。シェアハウス、airbnb(ゲストハウス)、家族を1つにした一軒家を運営。家開きしたリビングでワークショップや各種イベントも随時開催しています。

メンバーになる